レンタルギャラリー&ショップ「大崎新緑ステーション」オープン(3/29)

shinryokusta (4)

昨年10月に仮オープンをした「大崎新緑ステーション」がいよいよ正式オープンとなります。

運営は、毎月第二水曜に開催している「REACH大崎クラフトマーケット」の「REACHプロジェクト事務局」。
REACHクラフトマーケットの活動理念である『手作り市において出店経験を積み、その経験を基にゆくゆくは大崎で出店するというストーリー』を元に、クラフトマーケットより一歩踏み込んだ活動展開の場となることをめざして始動いたします。

【大崎新緑ステーションとは!?】

shinryoku
1日単位で借りられるレンタルギャラリー&ショップです。
ニュー大崎ビル店舗街の一角にある実店舗で、作家さんが自身のお店として、または作品発表の場としてご活用頂けます。

実際にお店を持つには敷金礼金保証金の他に、内装費や家賃、光熱費等多大な資金が必要になりますが、新緑ステーションは1日単位でレンタル出来るので、低いリスクで店舗運営を試す事が出来ます。
駅前という好立地を活かしたギャラリーとしての活用も可能です。

昨年10月のオープン時にはしんじょうくんも遊びにきました。

昨年10月のオープン時にはしんじょうくんも遊びにきました。

大崎一番太郎やノン子・スパンキー・戸越銀次郎の生みの親である犬山秋彦氏によって夢を追う人が立ち寄る場所をイメージして名づけられました。
新緑は「発信力」や「推進力」といった意味も込められています。
REACHプロジェクトの『夢の実現まであと一歩』にも通じる意味となっています。

場所は大崎から徒歩30秒の駅前ビル、ニュー大崎ビル店舗街。
newosakibuilding_01

大崎駅側の入り口から入ってまっすぐすすみ、二画目の角を左手に曲がった場所となります。
newosakibuilding_02

【オープニングイベント「犬山美術館」を開催】

なお、オープン当日は、新緑ステーションの実用例の紹介を兼ねた「犬山美術館」を開催。

昨年10月は大崎一番太郎によるイラストを展示。

昨年10月は大崎一番太郎によるイラストを展示。


大崎駅西口商店会のマスコットキャラクターであり、REACHクラフトマーケットでも活躍中の大崎一番太郎を筆頭に、スパンキーやノン子等ご当地キャラをプロデュースする生みの親、犬山秋彦さんを筆頭に、キャラのイラストや私物を交えた展示会となります。

キャラクターのアテンドの傍らで撮り溜めた、犬山さんの目線ならではの秘蔵写真も展示、大崎一番太郎も応援にかけつけます。
ファンの方は勿論、新緑ステーションの活用例として視察されてみてはいかがでしょうか。

▼オープニングイベント「犬山美術館」
・日時:3月29日(水)12:00~18:00
・場所:大崎新緑ステーション

▼大崎新緑ステーション
・住所:東京都品川区大崎3-6-21 ニュー大崎ビル1F
・メール:
※レンタル料金や申し込み方法等の詳細は後日のREACHブログ、または会場にいるスタッフまでお声掛けください。

◆REACH大崎クラフトマーケット
・HP:http://reach.osakinishi.tokyo/
・ブログ:http://ameblo.jp/osakireach/
・FB:https://www.facebook.com/ReachOsaki
・TW:https://twitter.com/OsakiReach

関連記事

おすすめ!人気の記事

ページ上部へ戻る